スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
今日のごはん
うちのお母さんがお昼に味噌ラーメンを食べたいと言うので、レシピを調べて味噌ラーメンを作ってみました。

味噌ラーメン20111031003206

<材料>
①しょうが、にんにく、ゴマ油、ひき肉、豆板醤、②砂糖、だし汁、、酒、塩、胡椒、味噌

<作り方>
①一緒に炒める。②入れる。

ちょっとアレンジしてみたけど、案外びっくりするぐらい、味噌ラーメンでした。
うちのお父さんもスープを飲み干すほど完食してくれたのでよかったです。
スポンサーサイト
2011/10/31 00:48 | 料理 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
BRAHMAN/INSPIRIT 復興支援共同プロジェクト
俺たちの流す汗が
被災地の未来へと繋がってゆく

今を奪われた東北の少年、少女、体育会系の人々へ
ジャージを1着買うと1着被災地へ届きます
明日の格闘技界、スポーツ界の為に
諦めない努力と汗をジャージに変えて届けましょう!


BRAHMAN・INSPIRIT
ジャージで繋がる復興支援共同プロジェクト、始めます。

詳しくはこちらへ
http://www.inspirit.jp/jp/news/JerseyProject/index.html

2011/10/17 02:12 | 日常 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
お食事会
20111016013010_20111016045107.jpg

話はだいぶ変わりまして、今日はAKZAの食事会に参加してきました。

一部アクシデントがありましたがそろったみんなでお店へ向かう。

お店は成増にある「ブラジリアンレストラン コパ」

そしてなんとシュラスコの食べ放題!

と言ってもシュラスコ初めて食べます。

席についてどんな料理なのか胸を躍らせながら代表&料理を待ちます。

各自で肉を取りに行くのかと思ったら、串に刺さった色んなお肉を店員さんが運んできて切ってくれます。

食べ放題なので元を取るまで頑張るぞっと思っていたら案外、思ったよりも食べれなかった。
と自分では思うけど、最後まで食べていたのでそうでもないのかな。

とにかく、ここしばらくはお肉を食べなくてもいいかなと思うくらい食べておなかもいっぱいになって大満足。
そして何より楽しかったです。


写真も撮ったけど、どうもぼやけてしまってこのおいしさが伝わりにくくて残念。
あともう少し気合いを入れて配置をすれば良かったな。

20111016013006_20111016045013.jpg











2011/10/16 01:22 | 日常 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
ノッティンガム 1日目
ノッティンガム1日目の夜のこと。
ホテルについてから早速、観覧車とノッティンガム城を目指して辺りを探索してきました。





ホテルから少し歩くとまずコンビニを発見。
観光よりも何よりもおなかがすいていた私はまずはごはん。
ここでサンドイッチを買って腹ごしらえ。

初ヨーロッパなんで大興奮?!
奇麗な街並みだなぁ。街をただ歩いてるだけで満足。
DSCF3950_20111011015929.jpgDSCF3954_20111011015928.jpg
20110923-DSC07329.jpg20110923-DSC07356.jpg
20110923-DSC07373.jpg20110923-DSC07393.jpg
DSCF3957.jpg

しばらく歩くと第一の目的地の広場に到着。
DSCF3971_20111010015554.jpg

ここはオールド・マーケット・スクエアという町の中心地。
観光リーダーの調べによるとここら辺りに観覧車があるらしいがどこにも見当たらないぞ??

近くを歩いているお巡りさんに尋ねると(もちろん私ではないけど)
どうやら3カ月前くらいに別の場所に移動したらいです。
残念。数少ない観光の目的が悲しくも一つ消え去りました・・・

白いテントぽいところにあったようです。
愛を語らうカップルしか取れませんでした。

あとおまわりさんと記念撮影すればよかったと少し後悔。
イギリスのおまわりさんって格好だったのでちょっとかっこいいなと思った。

辺りを警備するカップルの撮影だけしておきました。

DSCF3970.jpg

なんかこの光景、この前のとしまえんの警備員を思い出す。
あの日もカップル警備員が鋭い目を光らせてたな~


ここから少し歩くとこんなシンボル的な銅像が!!
DSCF3965.jpg

もちろん目的を失った私たちは観光気分で写真を取りまくります(笑)
DSCF3968.jpg
DSCF3969.jpg     20110923-DSC07352.jpg


そしてここからもう少し歩くと第2の目的地、ノッティンガム城に到着。
ホテルからだと15分から20分くらいのところにあるのかな?

夜だから辺り暗いのもあって異様な雰囲気。

DSCF3975.jpg
DSCF3972.jpg
おばけでも出そうな勢いだなと思ってたらもぐさんがおばけ出そうっだなって言うから。
ゾクッとしました。

どうやらここら辺りはそういう観光ツアー的なものがあるらしい。

おかしなものが映らないでくれと思いながらもいろんな角度からふんだんにロビンフッドの撮影。
DSCF3982.jpgDSCF3981.jpg
DSCF3978.jpgDSCF3977.jpg DSCF3976.jpg
20110923-DSC07387_20111010025629.jpg DSC07386.jpg


とりあえずこんな感じでこの日のところは満足してホテルへ戻りました。










2011/10/10 01:47 | 格闘技 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
ノッティンガム1日目
旅行。ではなく試合に行ってきました。

自分のお金では一生行けないだろう。

貧乏根性でもちろん時間の許す範囲で観光もしてきました。

毎度思う事ですが、いつかゆっくりと海外旅行に行ってみたいと。




【1日目~成田空港からバーミンガム空港、バーミンガム空港からノッティンガムへ。】

この日は主に移動の日でした。

朝9時半にフライトの飛行機に乗りバーミンガムへ向かう

朝9時半って・・・。だいたい出発の2時間前とかに着く事を考えたら何時に家をでたらしたらいいんだ
って時間帯ですよ(汗)
新宿から始発の高速バスに乗り成田空港へ
寝坊せずにひとまず間に合ったけどこれから何をするんだっけ?どこへ行けばいいんだっけ?
と全く慣れない私。
チェックインカウンターにつくと、ちょうど金さん社長(元部長)と遭遇。
要約、一安心。しばらくしたら三四郎君がやってきた。
みなでチェックインを済ませ、お金を換えて、保険に入り、携帯電話も借り出発の準備完了!

飛行機の席はみんなバラバラ。
ここからは一人旅気分。
飛行機の中は一人一台テレビもあって映画が見れてあまり苦痛ではなかった。
何本か映画を見ては寝てまた見ながら寝てといつ寝たのかわからない感じでした。
でもちゃっかりとご飯どきには目が覚めて食いはぐれることもなくいつの間にか乗り換えの
フランクフルトに到着。

乗り換えに少し時間があったのでマックへ。
観光客気分で写真を撮ったら中の店員さんに怒られた!
DSCF3932_20111005181907.jpg

やっとバーミンガム空港に到着。

DSCF3945.jpg

ホテルはノッティンガムにあるので今度はそこから迎えにきた大型バスに乗りホテルまで。

4年前のADCCでは空港で何時間も迎えの車を待った記憶があり、今回はもそうなるんだろうなっと全く期待せずにいたら、ちゃんとスタッフの人がすでに出口で待ってました。
迎えのバスも来てるしなんともスムーズな対応に驚きでした(笑)

ホテルについたのは22日の20時くらいだったかな?
それから夜のノッティンガムの町へ探索にでかけました。
DSCF3947.jpg
2011/10/05 18:38 | 格闘技 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
小腹が空いたので
ちょっと、時間潰しに六本木周辺を探索。

アールバーガーってのが気になったので入ってみました。

アボガドわさびバーガーだったかなそれを食してみました。

出来立てであったかくてわさびがちょっぴりツーンと来ましたが、おいしかったです。
そして、どこかで食べた事があるよな・・・と気付いたら肉まんぽいなと。
なんて貧乏人の発想をしてしまう自分が悲しい。
2011/10/04 01:14 | 分類前 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
名前
聖徳太子の言葉で「以和為貴」と言う言葉がある。

貴代の「貴」はそこからきていて
「代」はその代わりになるという意味がある。


そしてあくまでこれは後付けである。

34歳、これからの人生「以和為貴」を心がけてみようと思った。

さよなら33歳、今年も残すところあと2か月か・・・
一年って早いもんだな。
ぼやぼやしてらんないなー。


2011/10/02 00:42 | 分類前 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。