スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
5日目 試合の日
1014.jpg


ロサンゼルス5日目、4/3の試合当日を自分なりに振り返ってみたいと思います。


午後くらいまでゆっくりと睡眠をとり、お昼ご飯にホテルの近くのファミレスで食事をとる。
その後、会場の下見に出かけました。

DSCF8655.jpg


DSCF8665.jpg


それから歩いてホテルに戻り再び昼寝。 夕方になって会場に向かいました。
ひとまず、選手の控え室では持込の飲食物は全て禁止されていて、トイレに行くにも監視員がついてくる。
なんだかいつも以上に試合前にトイレに何回も行って戦闘の準備はばっちり。

普通なら初めての会場で、ドキドキして我を忘れていろんな心配をしそうだけど、まだ自分のいるところの凄さに気づいてないかったんだろうな。

DSCF8725.jpg


入場はすごい煙幕の中を入場したんだけど、それがめちゃくちゃ凄くて足元が見えなくなってこけるんじゃないかってぐらい。
会場が見れるところまで出てくる金網まで行くのに結構歩くんだ!って。
しかも目の前にカメラがあるし??など緊張し始めた。
でも、花道を歩いている途中に滝沢さんの顔が見えた瞬間、落ち着いて無事に金網の前までやってきた。
金網に入る前になんかチェックされていたけど、たぶんその時はもう覚えてない。
入った後も、しばらくは目の前の光景とか全部真っ白になった。
なんで自分ここにいるんだろうって???。
いつものリングではない金網、会場の雰囲気。ここで緊張が来たかと正直とまどった。
相手選手が来るまでいったい自分ここで何してたらいいんだろうって。
ひとまず、シャドーとか金網に体当たりしたりとか。気を紛らわしていた。
リングと違って、セコンドがどこにいるのかわかりずらい。
小泉さんがしきりにいろいろと言ってくれてる。
ちゃんとその声も聞こえるし、返事もしなきゃ自分も集中しなきゃって思わず『はい、はい、はい!!』
そんな怒ったつもりはなかったけ大声あげてしまった。そのおかげか、なんか緊張が吹っ切れ再び戦闘モードに入った。

試合内容に関しては自分では説明出来ないのでこちらを。
多分、現実より格好良く書いてもらいました(^^)v

2R後半でアマンダのヒジで額を大きくカットして、その瞬間に正直終わったかなと思いました。
インターバル中にカットマンが血を止めてくれ、セコンドアウトのコールの瞬間にまだやれるんだって! よかった!って。
いやいやでも、その前に水~!!って。

とにかく、このカットした印象もあるし、どうにかして相手にダメージを負わせたい
その一心で3Rは戦った。

アマンダ相手に3Rまで戦えて楽しくってしかたなかった。
自分を出し切った。
試合が終わり金網に入って来た小泉さんが「お前はよくやった」って言ってきてくれて、そんな顔を今まで見たことがなかった。

結果は3-0で判定勝ち。

試合前の練習では、めちゃくちゃ言われたとおりにできない自分に怒ってはいろいろと指示して作戦を考えてくれた飴とムチの使い手の小泉さん。
いつも自信のない自分に勝てると思い込ませてくれた。
私はそれを信じたからこそ最後まで戦えたんだと思います。
そして、いつもそばにいて私を支えてくれるお兄ちゃん。
帰りの飛行機の中、突然泣き出す兄。ずっとここまで溜め込んでいたんだ。辛い思いをさせてごめんなさい。私は海外で試合ができた事、怪我も勝てたから良かったと思っていた。次は怪我がないように勝ちます。

最強&最高のセコンド二人。二人がいてくれて本当に良かった。また、このチームで海外遠征をしたいと強く願いました。

DSCF0032.jpg

1010.jpg

1012.jpg

2008042F042F172Ff00088175F215334322Ejpg.jpg



2008/04/27 00:54 | 格闘技 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<ロサンゼルス番外編 記念撮影 | ホーム | 4日目 ロイヤルオーダー&公開計量>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://77hacci.blog33.fc2.com/tb.php/105-1479dcfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。